日本母性衛生学会エビデンス・ベースド・プラクティショナー
(JSMHEBP :Japan Society of Maternal Health Evidence-Based Practitioner)

◆JSMHEBP認定制度について
◆JSMHEBPの構成
◆認定取得のための必要条件
◆研修プログラムの単位
<2024年度 オンライン研修プログラム一覧>
 ◆研究の基礎に関する科目
 ◆周産期メンタルヘルスに関する科目
 ◆周産期ハイリスクに関する科目
◆2024年度本認定資格への研修動画受講申し込みの流れ
◆規程・細則
◆Q&A

◆2024年度JSMHEBP学会指定研修プログラム オンデマンド配信 受講について

◆周産期ハイリスクに関する科目

  研修講義 単位 講師
H-1異所性妊娠、帝王切開瘢痕部妊娠0.25
関東中央病院

中江華子
H-2妊娠高血圧症候群0.5
埼玉医科大学総合医療センター

関博之
H-3胎盤早期剥離から母児を守る0.25
杏林大学

谷垣伸治
H-4妊娠中のTMA HELLP症候群,AFL,TTP0.25
杏林大学

谷垣伸治
H-5多胎(双胎)妊娠の管理について0.25
東邦大学

中田雅彦
H-6胎児発育不全の管理 -胎児血流の変化から考える-0.25
東邦大学

中田雅彦
H-7婦人科疾患と妊娠0.25
関東中央病院

中江華子
H-81 妊娠に伴う呼吸器・循環器系における母体の生理的変化
2 妊娠・分娩・産褥期に起こりやすい異常
0.5
宮崎大学

桂木真司
H-9自己免疫疾患・炎症性腸疾患0.25
東京医科歯科大学

宮坂尚幸
H-10知っておきたい母子感染のこと0.5
国際医療福祉大学

永松健
H-11これだけは知っておきたい妊娠・授乳と薬剤0.5
滋賀医科大学

金本賢枝
H-12経会陰超音波を用いた分娩進行の評価0.5
東京大学

入山高行
H-13プレコンセプションケア0.5
成育医療センター

荒田尚子
H-14産科医療補償制度0.25
東京医科歯科大学

宮坂尚幸
お問い合わせ

公益社団法人日本母性衛生学会 学会事務局
Tel: 03-5829-6757 Fax: 03-5829-6758
E-mail: other@bosei-eisei.org


上へ戻る