日本母性衛生学会エビデンス・ベースド・プラクティショナー
(JSMHEBP :Japan Society of Maternal Health Evidence-Based Practitioner)

◆JSMHEBP認定制度について
◆JSMHEBPの構成
◆認定取得のための必要条件
◆研修プログラムの単位
<2024年度 オンライン研修プログラム一覧>
 ◆研究の基礎に関する科目
 ◆周産期メンタルヘルスに関する科目
 ◆周産期ハイリスクに関する科目
◆2024年度本認定資格への研修動画受講申し込みの流れ
◆規程・細則
◆Q&A

◆2024年度JSMHEBP学会指定研修プログラム オンデマンド配信 受講について

◆JSMHEBPの構成

<研究の基礎に関する科目>

【研究の基礎】科目は、すべての特化専門分野での共通科目ですので必ず受講しなければなりません。
 研究倫理 / 論文作成 / 研究デザインなど

<特化専門分野に関する実践科目>

JSMHEBPでは以下の4領域の特化専門分野を置きます。 取得を希望する特化専門分野を選べます。

●周産期ハイリスク分野:妊娠・出産・産褥期に母体または胎児(新生児)に、健康上の問題や合併症を悪化させる、もしくは死の危険性があるなど、いずれかのハイリスクを軽減するための臨床的診断に必要な、最新の知識やアセスメント、支援方法が学べます。

●周産期メンタルヘルス分野:心理社会的に問題のある妊婦、産婦、褥婦に関する最新の知識やアセスメント、支援方法が学べます。

●周産期フィジカルヘルス分野:周産期にある妊婦、産婦、褥婦の身体面に関する最新の知識やアセスメント、支援方法が学べます。

●リプロダクティブヘルス分野:女性のライフステージに合わせた性と生殖の健康に関する最新の知識やアセスメント、支援方法が学べます。

2024年度開講
周産期ハイリスク分野
周産期メンタルヘルス分野

お問い合わせ

公益社団法人日本母性衛生学会 学会事務局
Tel: 03-5829-6757 Fax: 03-5829-6758
E-mail: other@bosei-eisei.org


上へ戻る